ED治療薬副作用

ED治療薬の副作用

ED治療薬の副作用

 

ED治療薬は基本的に体に対する作用は同じでうすので、だいたい同じような副作用が出ます。

 

副作用が出るか出ないかは、薬との相性がかなりありまして、ED治療薬を飲んだら必ずでるわけではありません。

 

又、薬との相性もありますので一つの薬で副作用が出たら、違う薬でも副作用が出るかと言うとそれもありません。

 

結果的jには実際に使用してみませんと、副作用の出方は誰にも分らないと言うことです。

 

副作用の主なものは、体が暖かくなるがあります。

 

ED治療薬には血管拡張作用がありますので、その効果は下半身だけでなく体全体に効果がでます。
そうなりますと手や顔など皮膚の表面に毛細血管が多い場所は血行が良いくなり、暖かさを感じる事ができます。

 

この副作用は、誰でも起こる可能性がある副作用で、どちらかと言いますと副作用と言うよりは、薬が効いてきている証拠と思ったらいいです。

 

身体が暖かくなる感覚はそんなに不快な感覚ではありませんので、効いてきたと喜びましょう。

 

次に多いのが、明るいものが青みがかって見えるがあります。

 

これは人に依るのですが、視神経を刺激してそのような事が起こるようです。ずっとその状態ではなく少し経つと無くなりますので心配はいりません。

 

感覚としては下記の写真のように、見える感しです。

 

ED治療薬副作用

 

後は、動悸があります。

 

これはED治療薬によるものなのか、性行為自体で起きているものなのかの判別は難しくなります。

 

性行為自体は男性にとってかなりのハードワークですので、健康な人でも動悸は当たり前にしますので、基本的には気にしない事が肝心です。

 

動悸などは気にし始めますと、精神的にそれが原因で動悸が更にひどくなるケースが多いので注意してください。

 

主な副作用は上記のようなもので、どんな薬でも大きな副作用のです人はいますので、その意味ではED治療薬も心筋梗塞などの重い副作用が出る方もいます。