バイアグラ,レビトラ,シアリス,体験談

心因性ED

心因性ED

 

心因性のEDで悩んでいる男性が最近多い様です。

 

早い人ですと、20代ですでに緊張して立たない人もいるそうです。

 

男性の性的なメカニズムは意外にデリケートで、10代の時のような強さは20代を超えるあたりから影を潜めてきます。

 

特に性的な場面に嫌な経験を一度でも持つとそれが原因で、もう立たなくなる人とが多くいます。

 

機能的には何ら問題は無いのですが、いざ始まりますと勃起を抑制するホルモンが分泌されてどうしようも無くなります。

 

勃起が出来る原因は、交感神経が強くなっている緊張状態ではなく、副交感神経が十分なリラックス状態のときです。無意識のうちに心を緊張状態にしばりつけるストレスは、EDの原因としてもっとも多いものの1つです。

 

そのような方にももちろんED治療薬は効き目があるのですが、基本的に機能面で問題はありませんので、ED治療薬を使用しなくても治るケースがほとんどです。

 

専門のカンセラーに診てもらい、安定剤などを服用することでかなりの確率で改善がみられます。

 

心因性のEDそそのまま放っておきますと、それが原因で本格的な機能性のEDになってしまうケースも多く見られますので、そのような事にならないように早目に対応をしておきましょう。

 

心因性の場合には過去の嫌な部分を思い出す事により、勃起を中産させてしまうケースが多いので、その部分を克服することで、治る場合がほとんどです。

 

30代で心因性のEDで悩んでる人のほとんど、が妻や恋人の前ではEDになってしまうのですが、風俗や違う女性には全く問題が無いのも特徴です。